アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は乳児期から成人期まで様々な時期に起こります。
とてもかゆみのある皮膚炎ですので、治療ではかゆみのコントロールと皮膚炎を治めることが大切です。また、皮膚の特徴として、乾燥しやすいこと(アトピー皮膚、ドライスキン)とバリア機能が弱く、いろいろな刺激を受けやすいことがあげられます。皮膚の状態に合わせたスキンケアが大切です。
思春期以降、大人のアトピー性皮膚炎の場合は、ストレスが大きな悪化因子となります。ストレスへの対策や、掻破行動(搔く、たたく、こする、など)を減らす工夫を一緒に考えていきましょう。



かゆみと皮膚炎のケア
ステロイド外用療法は治療の柱です。ご自身が使用するステロイド外用薬についてよく知り、使いこなすことが大切です。
抗アレルギー薬はかゆみに対して効果的ですが、これのみでかゆみがなくなるわけではありません。患部を冷やすなどのかゆみ対策も併せて行いましょう。

こころのケア
大人のアトピー性皮膚炎はしばしば日常的なストレスで悪化します。ストレスは特別な問題とは限らず、よくあるストレスがほとんどです。また、いらいらやあせりでついつい皮膚を掻いてしまうこともあります。セルフモニタリングなど行動科学的なアプローチを行い、自分自身がストレスにうまく対応できるようになることで、皮膚炎の悪化を防ぐことができます。

スキンケアとメイク
乾燥しやすく、バリア機能の弱い皮膚に洗いすぎは禁物です。石鹸や洗浄剤は回数を減らし、よく泡立てて使用しましょう。保湿剤を適度に使いましょう。
皮膚炎が落ち着いていればメイクも可能です。クレンジングでの洗いすぎには気を付けましょう。日焼け止めにパウダー程度でポイントメイクを中心に行うのがお勧めです。


こどものアトピー
お母さんが治療の担い手になることが多いですが、子育てに加え、皮膚のケアもしなければならないのは、とても大変です。なるべくシンプルなケアでかゆみと皮膚炎をコントロールできるようにしましょう。お母さんがゆったりした気分でいられるのが何よりの薬です。一緒に対策を考えましょう。


そのほかの治療
シクロスポリン:症状が強い時には、一時的にシクロスポリンの内服治療を行うこともできますので、ご相談ください。シクロスポリンでの治療中は定期的に血液検査が必要になります。
ナローバンドUVB:紫外線による治療です。薬物療法と併用して、週に1回程度の治療で患部のかゆみを和らげるのに効果的です。アトピー性皮膚炎の場合、健康保険での治療ができます。

治療の指標となる検査
見た目の皮膚の状態に加え、血清TARC値などの血液検査を行うことで、皮膚炎の程度を判断します。定期的に実施することで、その推移をみることができます。
アレルギー関連の検査としては、血清IgE値と特異IgE抗体検査があります。特異IgE抗体にはハウスダスト、ダニ、などがあります。

(檜垣祐子)